赤帽で送ろう

オークションで送る場合、宅配便で送ることが一般的だが、自分の家の近くの場所に送る場合は、赤帽で送った方が安上がりの場合がある。クロネコヤマトやペリカン便の場合は幾つも送るときは計りでまとめて計量して料金を算出する。重量制なので重くなる一方である。赤帽の場合は比較的近い距離では段ボールに2個運んでも5個運んでもあまり料金は変わらない。また、いすや自転車、ふとんなど。普通の宅配便では(引っ越し便を使う場合もある。)運びにくいものも可能なのでこういうものもやり方次第で出品することも可能である。赤帽は昔はアパートに住んでる学生などそれほど荷物の少ない人の引っ越しに便利とアピールした宣伝もよく見たこともある。他に同じ住所に段ボールでいくつも運ぶ場合は距離が近ければ赤帽の方が得です。なぜなら宅配、郵パックは段ボールが5個あったら重量制なので確実にお金がかかります。赤帽はその載ってるドライバーが15分以内に運べば450円なので5個程度なら15分以内なのでお徳でしょうということです。

こちらに簡単な赤帽の特徴をまとめてみました。

赤帽−引っ越し業者だが個人事業者の集まりで住宅街の中に「赤帽」のマークの系トラックが止まっていたら、それが赤帽です。
組織はあるが、ひとつひとつが独立している。
メリット−近くに軽い荷物を幾つも送る場合

戻る

  copyright©2002-2003 磯野一也 All right reserved
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO