−おもちゃカメラは使えない−

 一昔前は、おもちゃカメラはオークションでも3000円か4000円とかなり価値がある値段で、売っていたのだが、今は、1300〜1800円とかなり安く扱われている。昔のカメラの値段は、カメラの画像もそれほど気を使わなくても落札されていたが、最近は鮮明な画像を載せないと商品の状態まで悪く観られ印象が良くない。
 汚れがシミの場所を一目で分かりやすく見せるために写真は重要なポイントだ。200万画素あれば確実に落札者に判る。ホームページを持っている人は300万画素以上合った方が良い。撮影に適した機能やフィルタがいろいろ使えるカメラを選ぼう。デジカメで失敗した経験としては内蔵メモリから本体に使うのは送る枚数が限られてルので、コンパクトフラッシュ等のカードを使った方がたくさんパソコンに送る事ができる。

戻る

  copyright©2002-2003 磯野一也 All right reserved
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO